引越し 少量

ダンボールだけ。運ぶのは自分でやる。混載便でもいい。プランはたくさん!

引越しで少量の荷物しかないなら、できるだけ安く済ませたいと思いませんか。レンタカーを借りて、、、なんて一瞬考える人もいるかもしれませんが、実は、引越し屋さんは想像以上に安く、自分でやるよりもお得な場合もあるんです。

 

しかも、業者に依頼をすれば、重いものを運ばなくて済みますし、ガムテームやダンボール等の資材も、たいてい無料でもらえ、衣類用のハンガーボックスや布団ケースも貸してくれます。

 

引越し業者の資材

 

そこで、荷物の少ない引越しを、安くするための重要なポイントをまとめてみました。たった2つのポイントを考慮するだけで、驚くほど安くなることがありますので、ぜひチェックしてみてください!

 

各引越し業者の小さな引越しプランをよく比較すること

 

各社、1BOXプラン、他の人との混載便など、様々なプランを用意しています。

 

たとえばアリさんマークの引越社では、少量の荷物の人のために、次の3つのプランを用意しています。

アリさんマークの引越社

ダンボール

  1. ミニプラン1:ダンボールのみ10箱
  2. ミニプラン2:たたみ1畳分(目安はダンボール15箱、テレビ、チェスト)
  3. ミニプラン3:たたみ3畳分(ダンボール20箱、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・自転車)

 

佐川引越しサービスにも、少量プランあります。トラックとドライバーだけお願いして、自分で作業するチャータープランも!

佐川引越しサービス

閉じられたダンボール

  1. チャータープラン:搬入・搬出も自分でやる。トラックだけ必要という人に
  2. スタンダードプラン:箱詰めや開梱は自分で。普通の引越しに近い感覚で少量を依頼できる
  3. まるごとおまかせプラン:梱包から荷ほどきまでおまかせ!

 

その他にも、各社、荷物少なめの人のために、格安のプランを用意しているので、ぜひ、比較してみてください。

 

ただし、当然、新居までの距離と、条件(何階か、エレベーターはあるかなど)によって、金額は変わってきますので、個別に見積もりは必要となります。

 

また、格安プランの場合、同一市内・区内限定だったり、日にちを指定できないなどのように、なにか条件がついていることもよくあります。条件まで細かくチェックするとなると、複数の業者を比較するのは面倒ですね。そこでおすすめなのが、引越しの一括見積もり

 

一括見積もりを使えば、面倒な比較も一瞬!

 

引越し価格ガイド

引越しの一括見積もりは自宅のパソコンから引越しの情報を入力すると、複数の業者から見積もりが届くというもの。

 

先ほど紹介したアリさんや佐川の他、クロネコヤマト、アート引越センター、サカイ、ダックなどの大手から、地域密着の激安・中小業者まで、150社以上もが提携! これらの業者が、あなたの少量の荷物にあった見積もりを提案してくれるのです。

 

しかも、各社に競争原理が働くので、相場より大幅に安くなる可能性が高いんです!

 

 

引越しの一括見積もり
※ 完全無料だから、120万人以上が利用!

 

費用は一切かかりません。完全無料です。もちろん、気に入った業者・見積りが見つからない場合は、どことも契約する必要はありません。引越しで少量の荷物なら、利用しない手はありません!

一人暮らしの引越しなら、単身パックがお得!

引越し業者のトラック

一人暮らしや単身赴任の引越しは、家族の引越しと違って、荷物が少量で済みますね。そこでおすすめなのが「引越し単身パック」。

 

このプランは専用のボックスを使用し、こちらに詰められるだけの荷物を詰めて、他の人と一緒に運ぶという形が多くなっています。分解可能ならベッドのような大型の家具も運べることが多いですが、その他にタンスに、食器棚に、大型冷蔵庫に自転車もあるとなると、収まりきらないケースが出てきます。あくまで荷物が少ない人のためのプランです。

 

また、他者と一緒に荷物を運ぶということで、搬出日や、新居への搬入日を指定できない業者もあります。したがって、自分の荷物が全て運べそうか、日にちの指定は可能かなども必ず確認するようにしましょう。ただし、自分で全て調べて料金まで比較するのは面倒ですね。そこで便利なのが、先ほども紹介した一括見積もり。

 

 

引越しの一括見積もりはこちら

 

 

こちらを利用すれば、自分の希望する荷物が全部運べるか、日付は希望通りにいくかも含めて、複数社を比較できます。単身パックを利用したいと思っている人も、まずはこちらで一度調べてみてください。各社があなたの少量引越しにあった最安プランを提案してくれるはずです!

 

 

コラム 一人暮らしに、不要かもしれない!?家電

一人暮らしで不要かもしれないものとして、小さすぎる冷蔵庫やテレビがあげられます。また固定電話も不要かもしれません。ムダな荷物を減らして少量荷物の小さな引越しを目指しましょう。

 

一人暮らしをするときは、いろいろと一揃えしたくなりますけど、不要なものを買ってしまっては、スペースのムダにもなりますし、もったいないですよね。少ない荷物で小さな暮らしをするのも楽しいものです。では、一人暮らしで不要かもしれない家電というと、小さ過ぎる冷蔵庫でしょうか。冷蔵庫はもちろん必須アイテムですが、あまりに小さいと案外不便です。飲み物もろくに冷やせないなんていうことになってしまいます。いくら自炊はしないといっても、ちょっとしたお惣菜などを家で食べることもあるでしょうし。また、家電とは少し違いますが、固定電話も不要な人が多いのでは。携帯電話があればそれで充分間に合います。パソコンがあれば、インターネット電話を利用することができるので、料金的にもそちらのほうが断然オトクだったりします。

 

テレビも必須アイテムではないかもしれません。というのも、こちらもパソコンにテレビ機能があれば見ることはできますし、ニュースなどの情報はインターネットなど、パソコン、携帯電話、スマートフォンでじゅうぶんチェックすることが出来てしまいます。すごい世の中ですね。ただ、もちろんゲームをするだとか、テレビはやっぱり欠かせないという人ももちろんいることでしょうから、あくまでも不要「かも」しれない家電候補の一つ。人それぞれですね。いずれにせよ、少ない荷物の小さな引越しであれば、引越し料金も安く済みます。

コラム 少量荷物の引越しの失敗例

こちらはあくまで例ですが、こんな失敗ってあると思いませんか。荷物が少ない引越しでも、しっかり比較をして、プロの引越し業者に依頼するのがおすすめです!

  • 元々持ち物や家具は少なめな方なので、レンタカーで軽トラを借りて、友達も便利屋も頼らず一人でやることに。ですが、最初に予定していた日はあいにくの雨となってしまい中止に。翌日も微妙な天気でしたが、決行したところ、最後のほうで雨が降って荷台の荷物が濡れてしまう。さらに、少ない荷物であっても、冷蔵庫があって、これが厳しい。エレベーターなしの階段どころか、軽トラの荷台に持ち上げるだけで心が折れました。結局、冷蔵庫は諦める始末。運ぶ数は少量でも、おそらく重い家電や家具があるなら一人では難しいと思います。

    軽トラとマンション

  • 少量の荷物しかないので、宅急便で送ってしまおうと決意。洋服や小物などは全てダンボールに入れて5箱だけ。悩んだのが自転車と昔から使っていたタンス。ところがこれらを送るにはらくらく家財宅急便というプランになって、値段が跳ね上がる結果に。それなら、単身パックなどでまとめて送ってしまったほうが手間もかからず、ダンボール集めなどの準備ももっと手軽に済んだので、荷物が少なくても引越し業者が楽かもしれません。

    宅急便のトラック

  • 大きな家電は冷蔵庫と洗濯機だけ。大きな家具は本棚とベッドだけ。その他、ダンボールに入れた荷物は少量程度。ということで、テレビCMでもお馴染みの引越し業者に見積もりを依頼したところ、1トントラックで作業スタッフ2名で、5万円以上。相場がわからないのでそんなものかと思ったら、もっと安く引越しできるという話を後で聞いてショック。面倒でも、荷物が少量でも、複数社で見積もりを取ればよかった。

    少量のダンボール

 

関連リンク
外部サイトへのリンクです。閲覧にあたっては、リンク先のポリシー、注意事項をよく読みご利用ください。

 

国民生活センター http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/hikkoshi.html

 

 

記事の先頭に戻る