長距離の引越しで、家電や家具を現地調達する

新生活のライフスタイルを見極めて、必要最小限の荷物で

生活用品

引越しの料金は移動の距離と荷物の量で決まります。もちろん、引越しの日程(繁忙期等は高くなります)にもよりますが、引越し料金を安く抑えたい場合は、荷物の量をできるだけ減らすのが効果的だと言えます。

 

家具や家電は結構大物になりますので、現地調達した方が結果的に安い場合もあります。ただし最新型の大型冷蔵庫とか、最先端の洗濯機とかですと、新しく購入するにはそれなりに価格がしますよね。ですから家族でお引越しの場合は引越し荷物として運ぶほうがよいかもしれません。

 

単身引越しの場合は、「単身引越しパック」などを利用することで引越し費用を安くすることができますし、単身用の家電等はさほど高価でもない(モノによりますけど)ので、現地調達の方がよいでしょう。もしかしたら、単身赴任や学生で一人暮らしを始める場合などの単身引越しでは、引越し先の新生活で、外食が多くなるかもしれませんよね。そういう場合はキッチン用品等も不要かもしれません。新生活のライフスタイルを見極めて、必要最小限の荷物を引越しで運ぶように出来れば、引越し費用、かなり抑えられますね。

 

長距離引越しで、家電や家具を現地調達が安いか、運ぶのが安いかというのは、ケースバイケースということにはなりますが、いずれにしても余計な荷物はもっていかず、少量であれば安いということになります。

 

 

荷物の少ない引越しを安くする方法はこちらの記事