引越しを一人で

引っ越しを一人でするのは本当に安いのか?

一人で引越し

 

引っ越しを計画している方が一度は検討するのが、自力で引っ越しを一人ですることだと思います。

 

ダンボールなどの梱包資材はホームセンターで簡単に手に入りますし、トラックはレンタカーで調達。作業スタッフは後輩を動員して……とそろえていくと、ずいぶん安く済みそうですが、実際はどうなのでしょうか?

 

まず、作業がある程度大がかりになる引っ越しは、そもそも引っ越しを一人でするには向かないと考えた方がいいです。

 

住人が2人以上で荷物が多い場合や、市境、県境を越えるような遠距離を移動する場合だと、まず体力的に素人の手には余ってしまいますし、料金的にも業者の方が安くなります。

 

契約が大口になると、車両や資材の調達などは業者の方がずっと安くできますから、こうしたケースは自力でやろうとしない方が賢明です。

 

では、単身引っ越しで同じ市内に転居するようなコンパクトな引っ越しを考えてみましょう。ちなみに、業者に依頼した場合は、料金は平均して20000円前後になります。

 

引っ越しの必須アイテムとしては、運送用のトラック、ダンボール箱など梱包材、養生シート(大型の家具・家電がある場合)があげられます。

 

トラックはレンタルします。単身引っ越しだと2tトラックが一般的です。積み込みと運び入れの両方をこなして車を返却すると考えると、6時間は見た方がいいですね。この条件だとだいたい10000円程度かかります。

 

梱包材は、ダンボール箱が10個で700円ほど、エアキャップが10mで1000円ほどで購入できます。

 

養生シートは50mで2000円くらいのものをネットショップで購入できます。

 

レンタルもありますが業者向けなので数が多いものがほとんどで、かえって高くつくようですね。最後に人件費。冷蔵庫などを一人で運ぶのは無理ですから、1人か2人手伝いが必要です。手伝いの謝礼は1人5000円くらいが一般的のようです。

 

計算してみると最低でも18700円(手伝いが1人の場合。)。うーん、業者とそれほど変わらないですね。

 

そこでがんばって考えてみたのですが、もっとコンパクトになると、さすがに自分で移動させた方が安くなります。たとえば、学生寮や学生用マンションから移る場合です。こういう所は家具が一式設備されていますから、家具の運送は必要ないですよね。

 

布団、衣類、書籍や備品だけなら、ダンボール箱数個にまとまります。

 

友人に車を出してもらって新居に運び(もちろん近場です)、手伝いのお礼にガソリン代を足しても業者よりもかなり安く済みます。条件は狭いですが、当てはまる方は試してみてもいいのではないでしょうか。

 

結局、本当に一人でできるならよいですが、それ以外は、引っ越し業者を頼むほうがよいといえます。

 

少量引越しを安くする方法はこちら

 

 

引越しを単身で行う際の基礎知識

単身引越しを、一人で行う際の基礎知識として大事な事を述べていきたいと思います。

 

引越しをするということは、住居の移動をするのですから、ご自分が今まで住んでいた市町村の役所に行って、「転出証明書」という証明書を発行しておいておかなければいけません。

 

これは引越し先で住民登録の時に使うのでこの「転出証明書」を取得しておかなければ、あたらしい住居に引っ越した時に、もう一度前の住居の役所に郵送で申請するか、出向かないといけなくなり、手間がかかるからなのです。

 

荷物の少ない単身引越しといえども、、一日二日で荷物をまとめるなどというのは、非常に苦労なことで、慣れていれば問題はありませんが、実際は一週間ほど前から準備していったほうが現実的だという事です。

 

荷物を詰め込むダンボール箱や、ロープやテープなどの資材も事前に用意しておくのも当たり前ですが、いざとなるとちゃんと準備しておかないと大変です。

 

引越し数日前から準備を開始していても、必要な道具が揃わなくて焦らない可能性があります。

 

ダンボールは、スーパーのものは小さく、湿気があるので、重いものや衣服などには向きません。

 

引越し業者を手配すると、無料で資材をもらえるのが一般的です。

 

ガムテープ

 

荷物の移動はご自分一人で移動するならば、自家用車を使うという方も多いのです。

 

自分の自動車で何回も運ぶ覚悟なら問題はありませんが、現実を考えた場合は、レンタカーのトラックなどが便利ですので、事前に予約をしておく事も忘れてはいけません。

 

トラックの荷台の形状は荷物をうまく運べるかどうかをきちんと考えた上で車種を選んでおいたほうが、引越しが楽に終わります。

 

軽トラックなどであれば運転は難しくないかもしれませんが、2トントラックなどは慣れないと危険ですので慎重に検討しましょう。また、軽トラックでも、荷台に冷蔵庫などを載せるのは非常に大変です。一人で行うのは難しいでしょう。

 

ですが、いくら少量荷物の引越しとはいえ、冷蔵庫や洗濯機のような家電、タンスのような家具があったりしたら、一人では難しいので引越し業者に依頼するのが無難です。時間的にも節約できますので、その分、アルバイトをしたり自由な時間に当てたほうがおそらく経済的でしょう。