マンスリーマンションへの引越し

荷物の少ない小さな引越しだから…安くしたい!

マンスリーマンションのイラスト

マンスリーマンションへの引越しのとき、どの業者をつかったらよいのでしょうか? それは荷物の量に寄ると言えるでしょう。例えば自宅の建替えや、マンション建築完了までの仮住まいとしてマンスリーマンションを利用している場合、荷物はダンボール10箱程度と、あとは荷物くらいだったら、地域密着の中小引越し業者や赤帽などでもよいかもしれません。あるいは、冷蔵庫や洗濯機、テレビなども一緒に運ぶ必要がある引越しなら、大手の引越し業者に依頼したほうが大きな荷物も運んでもらいやすいです。

 

ただ、マンスリー、ウィークリーマンションには、家具家電付きの物件も色々あります。そういうところだったら、まるでホテルのような感覚で使えるので、引越しの手間がかなり省けますよね。まさに小さな引越しで済みます。料金も、一般賃貸マンションを利用するよりも、かなりリーズナブルに抑えることもできます。さらに物件によっては、インターネット回線も手続き不要で、無料で利用できるというサービスがあるところもあるようです。これは嬉しいですよね。

 

このように家電・家具などのない小さな引越しの場合は、業者の料金をしっかり比較して、もっともよい条件の業者を選ぶようにしましょう。大手だけでなく、中小もいろいろ比較できる一括見積もりを利用するのは、手間も省けておすすめです。

 

 

小さな引越しを安くする一括見積もりはこちら

 

 

マンスリーマンションの大手である「レオパレル21」では、物件の提供だけでなく、引越しサービスも行っているのですが、入居、退去時など、あらゆる引越しの取り次ぎをしてくれ、レオパレス21を利用の人には特別価格が適用されるとのこと。その他、いろいろ便利なサービス満載です。