引越し 冷蔵庫

これだけ準備すればばっちり!

少量の引越しでも、冷蔵庫がひとつあると、色々と気を使いますね。その他の大物は引越し当日に業者の方にお願いできるからと、特にしておくべきことはないように思いがちですが、冷蔵庫は色々と注意が必要です。たとえば、冷蔵庫内の食材や、冷蔵庫についた霜を予め溶かして、取り除いておく必要があります。では、効率よく冷蔵庫の引越し準備を進めるには、どうしたら良いでしょうか。

 

まず、食材を計画的に使う事です。

引越しの二日前までには冷蔵庫を空っぽにしておきたいところなので、1週間ほど前から計画的に食材を使っていきましょう。できるだけ冷蔵庫にある食材を使って食事を作るようにするのです。なるべく買い足さず、どうしても買わなければならないばあいは、少量パックを買うなどします。冷蔵庫の中を整理すると、すっかり忘れていた調味料などが発見されたりすることも。そんなときは、思い切って捨てましょう。最終的にはクーラーボックスがあれば持っていく事は可能です。

 

次に、引越し前日には冷蔵庫の電源を抜いておく必要があります。

電源を切って、冷蔵庫についた霜を溶かし、冷蔵庫についた水気を取り除く事で、引越し時に他の荷物が濡れてしまうのを防ぐ事ができます。電源を切った後は、日頃行き届かない冷蔵庫を隅々までキレイにする絶好のチャンス。棚やパーツなどは取り外すことができるので、水洗いしたり、洗剤を薄めた液で濡らした雑巾できれいにします。こびりついた汚れなどもこすり落とします。その後水拭きして、乾拭きすればバッチリです。扉についた手あかなどもキレイにすればとても気持ちよいです。

 

引越し当日は「とにかくまっすぐ立てて運ぶ」事が必要です。

冷蔵庫を寝かせた状態で長時間放置すると、冷却サイクルの中の液体と気体、潤滑油が混ざり合い、故障の原因になることがあります。引越し業者に頼む場合は心配ないですが、自分で運ぶ場合は気をつけましょう。

 

また、引越し先に着いても、冷蔵庫の電源はすぐに入れず、少し待ってからオンします。

運んでいる間に、冷蔵庫の冷却サイクルの中が不安定になっているため、少し落ち着いてからの方がよいです。
さらに、電源をオンしてからもまだ庫内は常温ですから、冷蔵庫内が冷えるまで、食材を移すのはやめましょう。

 

以上、引越しの際の冷蔵庫の取り扱いの注意についてでした。ちなみに、荷物を少なくするために、冷蔵庫の中に無理やり缶詰やら、お米やらを入れてしまわないように(笑)

 

 

関連記事