シェアハウスやソーシャルアパートメントの違い

シェアハウス、ソーシャルアパートメント、最新の賃貸形態を紹介

ここ数年で急に知名度が上がったものに、シェアハウスがあります。

 

これは、「プライベート空間+共用スペース」の形態のアパートメントです。キッチンやトイレ、バスなど、主に水周りの設備が入居者全員で共用するようになっており、住人はバスやトイレの設備を省いた部屋で、自分の時間を過ごします。

 

「それは『下宿』というやつではないの?」と感じる方もあるかもしれませんね。確かに、これは要はふた昔前の安アパートの形式ですよね。

 

ただ、現在のシェアハウスは安アパートなどではなくて、むしろ小ぎれいでオシャレにデザインされた物件が多いよう感じます。地方にはまだ少なくて、主に首都圏に集まっているところからもそこはうかがえますね。

 

シェアハウスのメリットは、ひとつには家賃が安いこと、もうひとつは住人同士のコミュニケーションでしょうか。共用スペースで他の方と顔を合わせる機会がとても多くなりますから、一人暮らしの寂しさが解消されますね。

 

逆に、一人で静かに生活したい方は避けた方がいい形態です。

 

シェアハウスとよく似た形態に、ソーシャルアパートメントがあります。こちらはもしかしたら、まだ知名度は低いかもしれません。物件はシェアハウスと同様、首都圏など大きな都市に集中しているようです。

 

シェアハウスやソーシャルアパートメントへの引っ越し

 

これらに引っ越す人は荷物がごく少量という方も少なくありません。そうした場合、気になるのが引っ越し料金。できるだけ節約したいですよね。そこでおすすめなのが、こちらのページにある方法。

 

少ない家電家具の引っ越しについて

 

 

ソーシャルアパートメントは普通のアパートに、カフェや遊技場のようなコミュニケーションスペースがついた設定です。シェアハウスと違い、各部屋にはバスやキッチンなどの設備はそろっています。
シェアハウス

 

シェアハウスは住人同士で「日常」を共有する形態ですが、こちらのソーシャルアパートメントは、「非日常」(とまで言うと大げさですが)を共有してコミュニケーションをはかる形態といえますね。

 

先ほどシェアハウスを「下宿」といいましたが、ソーシャルアパートメントは旅客船での旅行に似ているかもしれませんね。旅客船も遊戯施設やシアターのようなものがあって、船客どうしがエンターテイメントを楽しみながら交流するようになっています。ソーシャルアパートメントも、共有スペースでアパート運営側がちょっとしたイベントを計画することもあるようです。