転出証明書

運転免許証等の住所変更手続き

引越しをすると、役所で住民票の移動をする必要があります。住民票の移動を行うには、まず、引越し元の自治体(役所)で転居届けを出します。すると、「転出証明書」を交付してもらえます。転出証明書がないと、引越し先の自治体(役所)で「転入届け」を出す事ができません。

 

何らかの事情で、役所に行く事ができない場合、親類などに転出届けの手続きを依頼する事が可能です。また、郵送でも対応可能です。親類に依頼するときには「委任状」が必要になる場合があります。

 

市役所の職員

 

依頼を受けた人の身分証明(運転免許証)などの提示を求められる事もあります。郵送の場合は、転出届けと身分証明書(運転免許証など)の写し、そして、返信用封筒(切手が必要です)と同封の上、引越し元の役所に送ります。数日たつと「転出証明書」が届きます。今度はその「転出証明書」を持って、引越し先の役所に行くという流れになります。ちなみに、転入届は引越し日から14日以内に届け出が必要です。忘れずに行きましょう!!

 

また、転入届が無事済んだら、住民票を発行してもらうとよいです。運転免許証等の住所変更手続きや、会社への住所変更手続き等、必要になる場合があります。(もちろん不要の場合は取得しなくても大丈夫です)。その他クレジットカードや銀行など、様々なところで住所変更手続きが必要なので、色々と大変ですが、リスト化するなど、漏れがないようにしたいものです。